認証付きプロキシのお悩み

エンタープライズ企業のネットワークなら、インターネットへのアクセスは、プロキシを通すのは、一般ではないか思います。

その中、認証付きのプロキシは、大半を占めていると思われます。

セキュリティのため、一部のツール(例:jdk 8u111)は、HTTPS接続する際のトンネリングに Basic 認証を利用することができません。

(定期的なパスワードの面倒を減らす理由も有ります。)

Proxomitron のセットアップ

ダウンロード

http://proxomitron.sakura.ne.jp/download.html

  1. zip 版
  2. インストーラ

Windowsに余計なものをインストールしたくない方は zip 版を使っても結構です。

App 起動

展開した zip ファイル中の 「Proxomitron.exe」をクリックして起動する。

設定したりの作業があるので、Windows右下のクイックスタートメニューから、 Proxomitron ロゴを右メニューの [open proxomitron]を選びください。

LOGO: Proxomitron ロゴ

リモートプロキシコンフィグ

  1. Remote Proxy を有効する。

    Remote Proxy を有効する。

  2. HTTP Proxy を追加する。

    HTTP Proxy を追加する。

  3. Proxy 認証情報を設定する。

    Proxy 認証情報を設定する。

    Proxy 認証情報を設定する。

これで、Proxomitronプロキシの設定は終わりました。
後、設定の保存を忘れないでね。

その他の設定

他の設定は色々がありますが、今回は割愛します。

ただ、デフォルトのポートは 8080 なので、Tomcatなどの Web サーバーはよく利用するので、衝突の場合、適当に空いているポートに変換ください。

プロキシのテスト

設定
server localhost
port 8080
  1. ブラウザ
  2. Java VM 系の App

     -Dhttp.proxyHost=localhost
     -Dhttp.proxyPort=8080
     -Dhttps.proxyHost=localhost
     -Dhttps.proxyPort=8080
     -Dhttps.nonProxyHosts=localhost|127.0.0.1
    
  3. 環境変数利用のツール

     SETX HTTP_PROXY http://loalhost:8080
     SETX HTTPS_PROXY http://loalhost:8080
    

参照先

  1. Proxomitron導入ガイド